ヨガとは?

ヨガはサンスクリット語で「つながり」を意味します。
古代インドの人たちは、心と体を自身の意識とつなげ、思い通りに動かす方法を何千年も前から研究していました。
その試行錯誤の結果、姿勢を正し、深い呼吸をすることで、身体がリラックスし、心が安らぐことを発見しました。
そこから、姿勢(いわゆるヨガポーズ)へと発展させたのが、動的なヨガ(ハタヨーガ)です。

近年では、宗教的文化的な部分を排除し、効果がすぐに実感できるものや、学術的に認められている部分を主軸にした近代ヨガが、世界的なブームとなっています。
日本でも、フィットネスとして受け入れられ、ヨガ人口はどんどん増えています。

古代インド人の智慧
(ヴェーダの聖典)
 ↓
動的ヨガ(ハタヨーガ)
 ↓
科学的理論に基づいた近代ヨガ

医学的効果について

ヨガが世界的に流行した背景として、数々の検証結果から、効果を認められ、モデルや有名人がヨガを始めたことが上げられます。
例えば、以下の効果が確認されています。

・血行促進
・肺活量、呼吸量の増大
・ダイエット効果
・ストレスに対する抵抗力の増加
・血中コレステロール、血糖値の低下
・腰痛、肩こりの改善

副作用について

ヨガを行うと、血行が良くなり新陳代謝が上がります。
また、軽い運動と思われがちですが、じっくりと筋肉を使うため、想像以上に身体が疲れることも。
ヨガによる副作用として、
筋肉痛、一時的なほてり、疲労などの症状があることを、事前にご理解ください。

無理せず楽しみながらレッスンしましょう。

 

マインドフルネスについて

マインドフルネスは、最新の脳科学で実証された心の制御方法です。
私たちは普段、沢山の考えごとや思考が働き、
頭の中や心は常に忙しなく動いています。
身体の感覚に意識を集中し、深い呼吸を行うことで、頭を空にします(思考や感情の波を穏やかにすること)。

頭を空にすると、物事をシンプルに考えることができ、脳への負担が減ります。
実際に、抗ストレス作用があることや集中力が上がることが実験で証明されています。

有名なスポーツ選手(イチローさんやジョコビッチさんなど)や、大手企業(GoogleやMicrosoftなど)が取り入れていることで、近年注目を集めています。

powered by crayon(クレヨン)